fc2ブログ

救命救急訓練

10/28は牛込消防署の方に、AEDの使い方の講習に来ていただきました。

AED
AED(自動体外式除細動器)とは、
心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態
(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器、だそうです。
↑こちらがあかね苑に設置されている物とほぼ同じ物になります。

AED
↑こちらは訓練用です。

AEDの装置は、開けると手順の音声ガイドが流れるようになっているので、必要になった時は、まずフタを開けてください、との事でした。
アナウンス通りにすれば出来るようになっているんですね。
AEDは心電図を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、とにかく使ってみる事が大事との事です。

またAEDは、救急車によっては接続できる機器を積んでいる場合もあるそうで、AEDが測った心電図が使用できるので、救急車到着後の再度の計測時間を省く事ができるそうです。
どういった状態でAEDを使用したかも分かった方が良いそうですので、パッド等は貼ったままの状態で良いそうです。

電流を流すパッドのジェルは、指に付けない方が良いとか、入浴中に倒れた場合は、パッドを貼る部分だけでも水を拭きましょう、とか、吐しゃ物が詰まっている場合の気道確保はこうした方が良い、などなど、細かい部分まで聞く事が出来ました。

AED
気道の確保をしています。

AED
喉の仕組みを説明しているところです。

心臓マッサージは、高齢者の方には、若い人にするような力は必要ないですが、骨が弱いので肋骨などが折れる場合もあるそうです。
ただ、肋骨は折れても治りますが、心臓が止まったままでは助からないので、とにかく命を救う事が第一だとおっしゃっていました。

AED AED
職員も2名チャレンジしました。
「さすがですね」とお褒めの言葉もいただきました。
ただ、電流を流す時は体から離れるように、もっと分かりやすく呼びかけてください、との注意を受けました。
そうですね、健康な人に電流が流れると、心臓が止まる事もあるそうですから、気をつけましょう。

110.24_2 029

牛込消防署の管轄地域は、119番通報があってから到着するまでに、平均約6分半かかるそうです(日本全体では平均約7分)。心臓停止になってから5分以上血流が止まるとほぼ助かりませんから、救急車が到着するまでの救命救急措置が非常に大切になってくるんですね。
心臓マッサージも、しないのと、力が弱くてもしていた状態とでは、助かった後の回復力が全く違うそうです。

今回職員も、実際に開けて使用したのは、とても良い機会だったとの事です。

AEDメーカーのサイトは←こちら




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社会福祉法人アゼリヤ会あかね苑

Author:社会福祉法人アゼリヤ会あかね苑
◆あかね苑本館
・特別養護老人ホームあかね苑 (3266-1811)
・高齢者在宅サービスセンターあかね苑(本館併設)

◆あかね苑新館(本館裏手)
・箪笥町高齢者総合相談センター (3266-0753)
・居宅介護支援事業所あかね苑 (5225-3118)

東京都新宿区北山伏町2番12号
TEL:03-3266-1811
FAX:03-3266-0801

あかね苑HP
http://www.azeriya-akane.com/index.html

Twitterアカウント:
Akaneen_Azeriya
緊急災害時等に苑内の様子をお知らせいたします

カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR